毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

なまえの話。のイメージ

DESIGN TOPICSrssアイコン

2011.10.28

なまえの話。

読む為の所要時間: 11分

 …この記事に目を留めてくださった、そこのあなた。

突然ですが、あなたのお名前はなんですか?

 

ヒトやモノのように形あるものから、サービス、現象など

目に見えないものまで…とにかくなんでも必ず「名前」ってついてますよね。

名前があることで認識が出来る。名前があることで覚えられる、人に伝えることが出来る。

そして、その名前には、名前をつけた人間の「想い」が込められている…。

…当たり前のことをそれらしく書きましたが、名前ってとってもとっても大事ですよね。

今回は、そんな「名前」にまつわる記事を書かせて頂きます。

 

「テーマの規模が大きすぎないか?」 「この続き、どう展開させてくの?大丈夫?」

という声が聞こえて来そうですが…大丈夫です。ここから一気に狭めますから。(笑)

 


 

日本はモノで溢れています。

どんなカテゴリでも、各社様々な商品を発売しており、商品力はもちろんですが

ネーミングで更に勝負に追い打ちをかける企業さんもいらっしゃいますよね。

 

kobayasi.jpg



商品のネーミングといえば…思いつく方も多いのではないでしょうか?

あったらいいなをカタチにする「小林製薬」さんの様々な商品…。

毎回新しい商品のCMが流れる度に突っ込みを入れたくなるような…、

ですが至って真面目な商品です。いくつかご紹介しましょう。

 

■アットノン 赤や茶色の傷あと、もり上がりのある傷あとなどを目立たなくする

attonon.jpg
痕がノン(無)!わかりやすい。簡潔!
アトノンじゃなくてアットノンであるところは、
口に出した時の響き・リズム的なアレでしょうか。

 

糸ようじ 6本の細い糸が歯垢をからめ取り虫歯・歯周病を歯の間から防ぐ 

itoyouji.jpg用途、特徴がきっちり4文字の中に収まっています。ブラボー。
一般的に類似品を総称して「糸ようじ」と呼ばれているのでは?
SONYの「ウォークマン」、クロネコヤマトの「宅急便」、
小林製薬の「糸ようじ」…的な。
(実際Wikiでも総称して使われていました。→Wikipedia
※ 当たり前ですがきちんと商標登録されてます。

 

ガスピタン(整腸剤) ガスだまりによるおなかのハリに(もうがまんしなくてもいいんです)   

gasupitan.jpg
「ガス」と、止まることをイメージさせるオノマトペを組み合わせたパターン。
アットノンもそうですが、名前の最後に「ン」が入ると薬っぽいイメージになるみたい。

 

■髪の毛集めてポイ  髪の毛をしっかりキャッチして、パイプのつまりを防ぐ! 

kaminokeatumetepoi.jpg  

使用方法がそのまま名前に。
それ以上でも以下でもありません。そのまんま。
ポイの音が、とても手軽な印象を受けますね。

 

 

 ■スミガキ お口のニオイを防ぐハミガキ。今までと違うサッパリ感

sumigaki.jpg
完全なるダジャレです。墨×歯磨きでスミガキ。端的。

 

 

■トイレその後に トイレの瞬間消臭スプレー

toire.jpg

代名詞をネーミングに入れるって、結構なチャレンジだと思う…。笑
空気の爽やかさとか、そういったものをイメージさせがちですが、
小林製薬さんは、こう出ました。

 



 * * * * * * *

 

…なんだか、小林製薬さんの紹介ページのようになってしまいました。

いつだったか、がっちりマンデーに小林製薬の社長がご出演されていた時、

「全社員提案制度」を取り入れている、と話されていました。(→Wikiに詳細アリ。Wikipedia

風通しよく社員全員で考える体制が、

このような素晴らしいネーミングセンスに繋がっているんですね!

生活用品だからこそ、キャッチーで分かりやすいネーミングって本当に大事なんだと思います。

 

 


 

 

500color.jpg





ご存知の方も多いと思われる、フェリシモさんで発売された500色の色えんぴつ

色の数が500あるっていうのも凄いんですが、

もっと凄いと思ったのは、その全てに名前がついていること。

それぞれの色に、500のストーリーがあるそうなんです。

500color2.jpg

■形容表現×名詞のネーミングパターン

sayaendou.jpg


・涼しげな水羊羹
・ポケットいっぱいのキャラメル
・なみなみ注ぐティーオレ
・ゆでたてのさやえんどう
 
 
 
食べ物系が目につきます。シズル感のあるステキなネーミングばかり。 
共通して言えることは、それも形容表現があることで「幸福感」がプラスされるってトコ。
 

■地名×名詞
のネーミングパターン
 

a0002_000435.jpg
・ギリシャの大理石
・ネパールのベンガル虎
・ニュージーランドのキウイ
・博多の明太子




ホテルのロビーの大理石じゃだめ。
動物園のベンガル虎じゃだめ。
しず○つストアの青果コーナーにあるキウイもだめなんです!(博多は納得だけど)
地名があるとないとで感じる雰囲気の違いは侮れませんね。


■イメージできないネーミングパターン

a1160_000006.jpg


・謎めく無人島
・カッコウワルツ
・ナイチンゲールの歌声
・熱帯夜

 

このような、ネーミングからイメージの出来ない色名も時々あります。
色からどう連想してこのネーミングになったのか…詳しく理由をお聞きしてみたいものです。

 

* * * * * * *


しかし、これだけ色数があっても、なにひとつカブっていないのは本当にスゴイ。

よーく見たら「あぜ道のたんぽぽ」「小道に咲くたんぽぽ」「ドナウ川のほとりに咲くたんぽぽ」

…みたいに、多用しているパターンもあるんじゃないかって思ったけど…

そんなズルしません。とにかく妥協がない!

商品にかける想いもひしひしと伝わってきますね。

(色名と実際の色の答え合わせはコチラから♪ →500色の色えんぴつ

 

 


 

 

owarini.jpg



商品名はもちろん、会社名にも

創立者のゆるぎない想い、アツい気持ちが込められていますよね。

理念やポリシーを一言で表現していたり、サービス内容を簡潔に表現していたり…

きっとそこには、各社それぞれのストーリーがあることでしょう。

御社名の由来は、なんですか?是非お聞かせ下さい♪

 

ちなみに、弊社「株式会社ラプト」の意味、ご存じですか?

語源であるraptを辞書で調べてみると…

 

 rapt [ rpt ]  心を奪われた, 没頭した,; 夢中な, 有頂天の, うっとりした.

 

とあります。

 

「社員メンバーみんなで寄り集まって没頭し、

夢中になって楽しい事を考えていこう!

お客様に喜んで頂く為に自分たちに何が出来るかを考えよう!

どんどん企画していこう!!」

 

・・・そんな想いを表した社名なんです。

ただの「仕事をこなす人の集まり」ではなく、「夢中になって何かを企てる集団」・・・

そんな社風、精神を感じて頂けたら…と思います♪

 

 

AYM

Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME

ページの先頭へ