毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

「VII」 2015.12.18のイメージ

DESIGN TOPICSrssアイコン

2014.11.29

「VII」 2015.12.18

読む為の所要時間: 3分

みなさんこんにちは。

単刀直入に話をしますが、今回お伝えしたいことは、
2015年12月18日公開予定の『スター・ウォーズ Episode Ⅶ』のオフィシャルトレーラーが公開されたことです。
 
舞台はEpisode Ⅵから30年後の世界。
個人的にはEpisode Ⅶ以降の映画化は蛇足な感じがしておりましたが、いざ予告編を見るとやはり胸熱です。

Star Wars: Episode Ⅶ - The Force Awakens

 
Episode Ⅰ~Ⅲ、Ⅳ~Ⅵの2つの3部作に続き新たな3部作が誕生することは、新旧スター・ウォーズファンどちらにとっても楽しみでしょう。
 
といっても、まだあと丸1年あります。
結構時間があるので、それまでにぜひ見ておいて損はないシリーズ作品を少しだけ紹介させて頂くことにします。

Star Wars:The Clone Wars
スター・ウォーズ クローン大戦 Vol.1/Vol.2

新3部作:Episode ⅡとⅢの間に起きたストーリーを、アメリカのアニメクリエイター:ゲンディ・タルコフスキー氏がアニメ化してます。
 
いかにも“アメリカアニメ”という雰囲気ですが、ストーリーはもちろんキャラクターのデフォルメ具合も愛嬌があり1話観ると必ず全て観ることになるでしょう。
 
このシリーズは、映画版ではあまり出番のないジェダイの活躍が描かれ、いかにジェダイがすごいか改めて知ることができます。


さらに深みにハマりたい人は、CGアニメーション版もお勧めです。

Star Wars:The Clone Wars
スター・ウォーズ クローンウォーズ Season 1~6


前述のアニメ版と同じタイムラインで、さらに深く掘り下げ、映画版への布石や伏線も多く見どころ満載です。
また、個々のクローントルーパーにスポットを当てたエピソードが多いのも特徴で、“雑魚キャラ”好きな方にはぴったりのシリーズです。

Season1~4は全22話、Season5は全20話、Season6は全13話(現状未公開)を収録、1話あたり約20分で合計約40時間。
Ⅶの公開まで1年ありますので十分観れるのではないでしょうか。
 
---------- 
スター・ウォーズは、映画制作に関する資料だけで図書館が建てられる、と言われるほど。
登場人物をはじめ、ありとあらゆるモノ・コトの背景が細部に至るまで設定されています。
※ 例えば、作中のあるシーンの背景に足だけ映っていたキャラクターの名前や種族、出身の惑星の文化・風習などなど(笑)
 
それらの情報は作中では一切触れられず、観ているだけではもちろんわかりません。
※映画的にはストーリーと関連性がないため説明する必要もないのですが・・・(言うまでもなく、わかった上で観るとより楽しめます。)
 
 
 
そのような見えないところにも膨大な労力をかけ、作品により深みを持たせ、世界観を完璧に構築する・・・
モノづくりに於いてそれが非常に重要であることが改めてわかります。
 
 
スター・ウォーズから色々と学びながら、来年のEP.Ⅶの公開を楽しみに待ちましょう。
 
Zassy
 
メルマガの登録・解除
Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME | メールマガジン登録・解除 | 当サイトへのリンクについて

ページの先頭へ