毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

湯ぶねにつかろう♪~快眠につながる入浴方法~のイメージ

眠りの相談室rssアイコン

2012.12.03

湯ぶねにつかろう♪~快眠につながる入浴方法~

読む為の所要時間: 4分

HONTORI7をご覧のみなさん、こんにちは。

いやぁ、ビックリしましたよ。
今月のコラム『眠りの相談室』のテーマは「入浴パート2」。
そうです、前回の続きです。

すると、なんとなんと!
それを知ってか知らぬか、
HONTORI7のコラムニストの同志、くすりのつつじ堂の坂本先生の
『健美食楽』の今月号のテーマも
「冷えに負けない体作り」ではありませんかぁ!!
 

201212med04.jpg

しかも、その本編の中でも
「シャワーだけで済ませる方と湯船につかる方では
健康面に雲泥の差が生じます」
と、明確に言及されておられます!
雲泥の差ですよ、雲泥の差!

いやぁ、これは心強い!
入浴ってそれぐらい大事なんです。
健康のスペシャリストのお言葉に背中を押されて、
当コラム、今月号をハリキッテ書きすすめてまいります。

201212sleep01.jpg

実は入浴って、
健康面でも大きな影響があるだけでなく、
睡眠の面、特に深い眠りをする上でも
とっても重要な要素なんです。

人間には深部体温というのがあって、
日中に高まり、夜になると低下するという
一日のリズムを持っています。
睡眠もこの体温の変化と密接に関連しており、
体温が低下することで脳は睡眠モードに切り替わっていきます。

201212sleep02.jpg


わかりやすい例で言いますと、
例えば、赤ちゃんの手が熱くなると
「あぁ、この子は眠いんだな」という合図ですね!
つまり、赤ちゃんは手先、足先から体温を放出することによって
眠りの態勢に入ろうとしているんですね。

ですから、速やかにぐっすりと眠りに入るには
深部体温を低下するように持って行かなきゃいけないんです。

そこで、入浴が大きな手助けとなります。

お風呂に入ると、一時的にですが深部体温は上がります。
しかし、これは外部から熱を与えて上昇しただけのものなので、
お風呂から出ると再び低下し始めます。

この、「入浴後の深部体温の低下」を利用して眠りに入ると
いわゆる深い眠りに入って行きやすくなるんです。

身体の熱が完全に低下しきるまでにかかる時間が約2時間。
ということは、入浴してから2時間後に寝るのが理想で、
深い睡眠を得るベストな時間帯なのです。
つまり、夜中の12時に寝る方は、夜の10時までに
入浴を済ませておく必要があるんです。

ただ、ここで問題が!
多忙で帰宅時間が遅い方には2時間も待てないですよね。
そういう場合には、帰宅したらまず入浴をするなど、
寝る時間から逆算して入浴する、といった工夫が
必要になってくるんですね。

201212sleep03.jpg



同時に、お風呂の温度も重要になってきます。
体温より若干高めの38℃程のぬるま湯が理想です。
入浴時間も20~30分程度で、ちょっと長めにつかることが
質の高い睡眠を得るための秘訣です。
逆に40℃を超えるような高温につかっていると、
交感神経が刺激されて目がさえてしまうのでご注意下さい。

シャワーだけでは絶対にダメ!
シャワーは、逆に体を冷やしてしまうというのは
前途、坂本先生がおっしゃる通り!
しっかりと湯ぶねにつかる習慣をつけて下さい。

201212sleep04.jpg



ちなみに、シャワーが効果的な場合もあります。
それは「朝シャワー」ですね。
このシャワーの温度は高めに設定し、
短時間でも高温を身体に浴びせることによって交感神経を刺激し、
寝ぼけた身体を興奮状態にしてくれるんです。
ご参考まで。

睡眠前の3・2・1の法則というのがあります。
就寝の3時間前に食事(夕食)を済ませ、
2時間前までに入浴に、
1時間前にストレッチなどの軽い運動をする。

つまり、じっくり深い睡眠をとるには
それなりの身体の準備が毎日必要だということです。

12月に入り、一層寒さが厳しくなります。
特に冷え性、低体温の方は深部体温が下がりっぱなしのため、
手先、足先まで冷えきってしまい
眠りに中々入ることができませんね。

少し長めの温かい入浴で、深部体温を一度上げて、
手先足先までポカポカに温まったところで、
その熱を放出しながら眠りに入る。
是非、試しにやってみて下さい。
きっと心地よく、眠りに入れるはずです。

いかがでしたでしょうか?
入浴は健康にも、良質の睡眠にも不可欠であるということを
『健美食楽』とのダブルコラムでお送りしました(笑)。
今一度みなさんの入浴、見直してみて下さいね。

今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
どうかぐっすりの睡眠で、
2012年を元気に締めくくりましょう。

それでは、また。
 

プロフィール

プロフィールイメージ

  • 静岡市清水区に店を構えて93 年、
    こだわりの寝具を扱う眠り屋4代目。
  • 石川 貴大
    Takahiro Ishikawa

◎こだわりの眠り屋
「日本全国を眠りを通じて元気にする」が永遠のテーマ。
これまで10年以上「眠り」について勉強し、
3000人以上のお客様の「眠りの相談」をお受けしてきた経験から、
ぐっすり眠れるヒントをご提供します。

こだわりの眠り屋 石川寝具ランド 営業時間/10:00〜19:00 水曜定休

石川寝具ランド

静岡県静岡市清水区真砂町5-20 TEL:054-366-1620

こだわりの眠り屋 4代目の独り言」最新記事

メルマガの登録・解除
Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME | メールマガジン登録・解除 | 当サイトへのリンクについて

ページの先頭へ