毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

真夏のPC注意報!のイメージ

SYSTEM TOPICSrssアイコン

2017.06.27

真夏のPC注意報!

読む為の所要時間: 18分

 もうすぐ夏ですね。

気温が高くなると、PCの内部が熱くなり故障の原因になることをご存じですか?

 

『パソコンの熱暴走とは』

パソコンは精密機器なので、内部には目に見えないほどの細かい配線があり、たくさんの電気が流れているため熱が発生します。

熱の温度が高くなると電気の流れが悪くなったり、その熱で焼けて壊れてしまい、その結果突然電源が切れたり、エラーが頻発するなどの症状が発生し、放っておくとPC自体が故障してしまいます。

 

CPUが熱暴走を起こすと…』

処理の結果が正しいものでなくなるので、エラーが増えます。

現在のPCは温度が管理されており、熱暴走を起こす前にPCの電源が自動で切れるようになっています。

 

『メモリーが熱暴走を起こすと…』

画面がブルースクリーンになったり、勝手に再起動してしまうことがあります。

 

HDDが熱暴走を起こすと…』

HDDの場合は、不良セクターやファイルの書き込みエラーが増加し、そのまま故障してしまうことがあります。

 

『対策方法』

 

1.パソコンの節電設定

「電源オプション」から「省電力」を設定すると、消費電力を抑え内部の発熱を抑えることができます。

スリープ状態にすると、一時的に電源オフ状態に近い状況になるので冷却効果があります。

 

2.CPUクーラーの増設

CPUの熱を逃がすためのCPUクーラーを、高性能な物に付け替えると冷却性能がアップします。

3.底面からの冷却

机の上に割りばしなどを置き、その上にノートパソコンを乗せて斜めにすることで机とパソコンに隙間ができ、底面からの換気と冷却ができます。

4.クリーニング

パソコンについているファンは、空気の循環で内部を冷却していますのでホコリが溜まらないように掃除をします。

 

 

夏が来る前に熱暴走対策をしたい方はラプトまでご相談ください。

 

松尾

メルマガの登録・解除
Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME | メールマガジン登録・解除 | 当サイトへのリンクについて

ページの先頭へ