毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

畳縁たたみべりのイメージ

畳職人☆愛畳空間rssアイコン

2011.09.26

畳縁たたみべり

読む為の所要時間: 5分

HONTORI7をご覧の皆さまこんにちは。

 

一雨ごとに秋の深まりを感じるこの季節…
日中との気温の差がだいぶ変わってきましたね。

体調管理には充分気をつけてお過ごしくださいませ。

突然ですが、皆さまのお宅の畳の縁はどのような物が付いていますか?

そう聞かれても「どんな縁が付いていたか覚えていない」

という方が多いのではないでしょうか?

「縁無し畳で縁は付いていない」そんな方もあるかと思いますが、
意外と見落としがちの畳縁…


最近では様々な色柄もラインナップされています。


【柄縁】 

柄縁.jpg

【無地】

無地.jpg

という事で今回は『畳縁』についてご説明いたします。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
 

縁.jpg

そもそも畳の縁とは何のためについているのでしょうか?

昔は付いている畳の縁で身分が区別されていました。

天皇は雲繝縁(うんげんべり)、
親王や大臣は大紋の高麗縁(こうらいべり)、
公卿(くぎょう)には小紋の高麗縁、
そして紫、黄などという感じで階級があったのです。

今では高麗縁以上のもの(雲繝縁や紋縁)は別として、自由にお選びいただけます。

階級があまり関係のない現代での畳縁の役割は、畳を長持ちさせるためではないでしょうか。
それともうひとつ、デザイン性ですね。

縁を変えるだけでも畳の印象はだいぶ変わります。

縁の素材としては化繊(化学繊維)・綿・麻・絹などがあります。
現代では一般的に使用される畳縁の素材のほとんどは、化繊となります。
理由は色・柄ともに様々な種類があり、耐久性に優れるといったメリットがあるためです。

欠点をあげるとすれば、熱に弱いといったところでしょうか…
アイロンなどをかけてしまうと、溶けてしまう場合があります。
まずかけてしまうことはないと思いますが、うっかり置いてしまった場合などですね。
お気をつけください。

その他の綿・麻・絹の素材では、そのほとんどが無地のみとなります。
種類も化繊ほど多くないのです。
 

麻縁.jpg

また綿の素材まではそれほど珍しいわけではなく、それなりに使用されていますが、
麻や絹といった素材はほとんど使用されません。
理由は単純に「高い」からです。

高いからといって丈夫なわけではありません。むしろ繊細なのです。
絹に関してはとても繊細で、
麻や綿の素材も化繊と比較すれば耐久性はよくありません。

高級な縁こそ大切に扱わなければなりません。
ですから「畳の縁は踏むな」と云われるんですね。

寺院・神社・床の間などには、今でも格式の高い「高麗縁」が使用されます。
 

紋縁.jpg

この高麗縁は紋縁とも呼ばれ、このように紋を合わせなくてはなりません。

このように紋をくっきり出すことは手間のかかる作業で、
職人の技術も試されるわけです。

紋や色の種類は数種類あるのですが、ある程度のルールがあり使用されています。
相談して縁を決める事が望ましいと思います。
 

【高麗縁】

高麗縁.jpg

畳縁の柄の種類はご紹介しきれないほど、たくさんあります。
なかにはこんなユニークなものもあるんですよ。

【動物縁】

動物縁.jpg



人それぞれに趣味・思考があるものですから、
自分好みの縁を選んでアレンジしてみるのも
楽しみのひとつかもしれませんね。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後も「畳職人☆愛畳空間」、

 

そして亀山畳店を宜しくお願いいたします。

 

 

 

畳職人TOMOYUKIの徒然不定期日記

WAZAチャレンジ教室

静岡県職業能力開発課では技能士会連合会と教育委員会連携のもと、職人たちの技を子供たちに伝える企画 『WAZAチャレンジ教室』を開催しています。 畳部門では今回、小学生にござ作りを体験する教室が開催されました。 ござ針を使って自分で縫い上げて仕上げていきます。 物作りを体験することにより、技能・技術への関心と物作りの楽しさ・大切さを感じてもらえれば幸いです。 自分で作ったござは思い出の逸品になることと思います。

静岡県職業能力開発課WAZAチャレンジ教室のウェブサイトはこちら>>

 


プロフィール

プロフィール イメージ

  • 一級技能士の店 亀山畳店三代目
    畳職人TOMOYUKI
  • 亀山 友幸
    Tomoyuki Kameyama


静岡市葵区の番町で育ったオーバーサーティーの畳職人。
☆得意技:表替え、裏返し、割本による寸法取り

1級技能士の店 亀山畳店 静岡室内装畳協同組合加盟店 畳のことならなんでもお任せ下さい!

亀山畳店
  • ・営業時間 8:00〜18:00 日曜・祭日定休
    ・静岡県静岡市葵区七番町5-16
  • ■畳なんでも問い合わせダイヤル
    TEL:054-253-8369
  • ■いつでも気軽にお問い合わせメール
    info@kameyama-tatami.main.jp

  • ※ご注文によっては上記の営業時間・定休日に限りません。
  • ※深夜作業も承りますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

亀山畳店三代目BLOG「畳屋番町」最新記事

Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME

ページの先頭へ