毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

い草の産地のイメージ

畳職人☆愛畳空間rssアイコン

2011.11.28

い草の産地

読む為の所要時間: 9分

HONTORI7をご覧の皆さまこんにちは。

2011年も残り僅かとなりました。
これから年末にかけての大掃除も徐々に行なっていきたいところですね。
年末の大掃除にあわせて「畳替え」というお客様も多いものですが、
どのような基準で畳をお選びしますか?

そこで今回は『い草の産地』ということで、
その特徴も交えてご説明していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

畳表201112.jpg

畳表のい草の産地はご存知でしょうか?

昔からの代表的な産地としては、
広島県(備後)・岡山県(備前・備中)・
熊本県(肥後)・福岡県(筑後)・高知県(土佐)・
石川県(小松)・佐賀県(佐賀)
などがあります。

しかし現在では状況も変わり、国内産畳表は
熊本県がなんと9割以上のシェアを誇っているのです。

国内産の畳表で目にするほとんどは「熊本産」と思ってもいいでしょう。

他の地域のものは生産量も少ないため、
全国的にはあまり出回っていません。
実際見た事の無いものも結構あるほどです。

昔は畳といえば『備後』と云われる程親しまれていましたが、
現代では最高級品のみが扱われ、
この地方で収穫したい草を「地草」と呼び、
一目置かれた存在となっています。

備後.jpg 備後-2.jpg

 

 

 








この地草の聖地である備後地方(広島県)は、
畳表を生産するのには最適な風土であり、
い草の質が高く丈夫な畳表に仕上げる事ができるのです。


また、光沢が良く使用する程に気品がでてきて
美しい飴色(黄金色)へと変化していきます。
畳は焼けてきてからが本当の味わいが出てくるものです。

まさに「通を唸らせる」それが備後表(地草)と云えるでしょう。


そして生産量国内トップを誇る熊本産は、品揃えも豊富となります。

熊本1.jpg 熊本2.jpg















い草は農産物ですから、品質もすべて同じではありません。

生産地が同じでも1番草・2番草など、
どの辺りのい草を使用したのかによっても品質は異なります。
また、い草の打ち込みの本数などによっても変わってきます。

そして苗の品種によっても
い草の特徴は変わってくると云えるでしょう。
 

ひのさらさ.jpgひのさくら.jpgひのさやか.jpg














こちらは「ひのみどり」という品種のい草を使用した畳表になります。

このい草は通常の草よりも細く、
きれいな仕上りとなっているのが特徴です。

ひのさらさが最高級品として位置づけられ、
絹織物の更紗のようになめらかできめ細かで美しい
畳表に仕上げられています。

ひのさくらは高級品、ひのさやかは上級品とされていて、
こちらもきめ細かく肌触りがソフトな美しい畳表に仕上げられています。

同じ品種の草でもこのように格付けがされているのです。

ひのはるか.jpg




同じ熊本産でもこちらは「ひのはるか」という品種です。

ひのみどりと比べ草が太く力強さを持ち、
色ムラも少ないという特徴を持っています。

同じ品種を使用しても生産者により品質については変わってくる場合もあります。
やはりそこが農産物と云えるところではないでしょうか。

ここまでは国内産の畳表をご紹介してきましたが、
最近では中国産の畳表もかなり普及してきています。

中国1.jpg 中国2.jpg















こちらは中国産の畳表ですが、
この比較的安価なクラスにおいては
中国産がかなりの割合で使用されています。

理由は国産品よりも安く手に入れることができるからです。
品質的にも最近では向上してきています。

畳表を輸入するにあたり、きつく乾燥させる傾向があります。

これは船で輸送されるため、
しっかりと乾燥していないとカビが生えやすくなることから
国産品に比べ乾燥を強くしています。

以前は高温乾燥をしていたため、「剥けやすい」という指摘もありましたが、
最近は低温乾燥のところが多いため、だいぶ改善されてきました。

中国内の産地によっても品質は変わってきます。
なかでも「四川省」の産地のものは特に良い仕上りとなっています。

四川.jpg 四川2.jpg















このように備後(広島)から熊本、
そして中国と産地の状況も変化しつつあります。

国内のこだわりの生産者が育て仕上げられた畳表。

国内に輸入する目的で、別の大地で育て仕上げられた畳表。

そしてお財布とご相談…


さて、あなたならどちらの畳表をお選びしますか?



最後までお読み頂き、ありがとうございました。 

今後も「畳職人☆愛畳空間」
そして亀山畳店を宜しくお願いいたします。

 

 

 

 


プロフィール

プロフィール イメージ

  • 一級技能士の店 亀山畳店三代目
    畳職人TOMOYUKI
  • 亀山 友幸
    Tomoyuki Kameyama


静岡市葵区の番町で育ったオーバーサーティーの畳職人。
☆得意技:表替え、裏返し、割本による寸法取り

1級技能士の店 亀山畳店 静岡室内装畳協同組合加盟店 畳のことならなんでもお任せ下さい!

亀山畳店
  • ・営業時間 8:00〜18:00 日曜・祭日定休
    ・静岡県静岡市葵区七番町5-16
  • ■畳なんでも問い合わせダイヤル
    TEL:054-253-8369
  • ■いつでも気軽にお問い合わせメール
    info@kameyama-tatami.main.jp

  • ※ご注文によっては上記の営業時間・定休日に限りません。
  • ※深夜作業も承りますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

亀山畳店三代目BLOG「畳屋番町」最新記事

コメント:0

コメントフォーム

メルマガの登録・解除
Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME | バックナンバー | メールマガジン登録・解除 | 壁紙ダウンロード  | 当サイトへのリンクについて

ページの先頭へ