毎月7日発行のラプトメールマガジンHONTORI7|株式会社ラプト

畳をとり入れた住宅のイメージ

畳職人☆愛畳空間rssアイコン

2016.11.30

畳をとり入れた住宅

読む為の所要時間: 5分

椅子やソファーに座る、という習慣が増えてきている日本の暮らし。

畳の上に座るよりも、椅子に腰をかける方が楽でいい、と思う方が増えてきているように思います。

住宅に和室をいくつか持つ時代から、一間くらい和室があれば十分で、あとは洋室にして椅子やソファーをとり入れた生活スタイルの方が住みやすい、という傾向に移り変わっているのがこのところの日本の住宅の現状です。

リビングであれば洋間という概念があるかと思いますが、畳をとり入れたリビングというのも良いものです。
 

201612tatamiCorner.jpg

201612living.jpg


床材に畳を採用することにより、ひんやりとしたフローリングとは違う温かみを出すことができます。
スリッパも要らず、常に足元を開放的にしていられることも魅力の一つでしょう。

また、ベッドのような高さに畳を設置すれば寝起きも楽ちん。。
 

201612sinsitsu.jpg



玄関に畳を採用することにより、日本らしい住宅を演出することができます。
 

201612genkan1.jpg
 
201612genkan2.jpg


ライフスタイルの変化とともに住宅のデザインも変化していく日本の住まい。
日本で暮らすのであれば、日本らしさをどこか一部だけでもとり入れてみたいものですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。 

今後も「畳職人☆愛畳空間」を宜しくお願いいたします。

保存


プロフィール

プロフィール イメージ

  • 一級技能士の店 亀山畳店三代目
    畳職人TOMOYUKI
  • 亀山 友幸
    Tomoyuki Kameyama


静岡市葵区の番町で育ったオーバーサーティーの畳職人。
☆得意技:表替え、裏返し、割本による寸法取り

1級技能士の店 亀山畳店 静岡室内装畳協同組合加盟店 畳のことならなんでもお任せ下さい!

亀山畳店
  • ・営業時間 8:00〜18:00 日曜・祭日定休
    ・静岡県静岡市葵区七番町5-16
  • ■畳なんでも問い合わせダイヤル
    TEL:054-253-8369
  • ■いつでも気軽にお問い合わせメール
    info@kameyama-tatami.main.jp

  • ※ご注文によっては上記の営業時間・定休日に限りません。
  • ※深夜作業も承りますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

亀山畳店三代目BLOG「畳屋番町」最新記事

Google Adsense
7
HONTORI 7

HOME

ページの先頭へ